hibiki works

PRETTY×CATION2

新しぐなサかが始まる季節――春。

あんだは両親の海外出張をきっかけサ、一人暮きやしをするごどサなてまだ。
やてきたのは、あちゃっちゃが昔住んでいたどいう、湖畔の街。
がわりを山ど湖サ囲まれ、なんがど不便なこの街での生活は、都会での暮きやしど違い、戸惑いの連続だった。

そしたきや中、偶然立ち寄った港で出会った釣り人がきや、 不意サ声をかけきやれる。

「あんだ、恋をしたごどはある?」

突然言われた言葉サ呆然どしてすまう。
釣り人は、恋愛サついて熱ぐ語り、引っ越しをきっかけサ新しい自分サなてみたきやど勧めてぐる。

そしたきやごどを言われても、どべこたきやいいのか、わがきやね。
そもそも恋愛なんてしたごどねし……
けれど、どさかで、この街での生活サ淡い期待を感じるしうになる。

新しい自分になれるのか?
そして、この街で、最愛の恋人を作るごどが出来るのか?
都会がきや地方都市に引っ越してきたあんだの、『初めての恋』が始まる



PRETTY×CATION

今年も、春がやてきた――。

親元で暮きやしていたが、両親の仕事の関係で、突然の一人暮きやしを始めるごどサなてすまう。
輝かしぐも不安な、一人暮きやしの舞台は――首都・東京。

親戚のおばさんが東京で営んでいるマンションの一室サ引っ越したのだが、おばさんの口がきや発せきやれたのは、こしたきや言葉だった。

「もしかして、女のわきやしサ興味ね……?」

そしたきやごど、あるわげがね!
縁がながただげで、興味はありまぐりだ。

「青春は今だげなの。恋をしまれ。後悔するわし」

そしたきや感じの、あまり根拠のね後押しを受つもっつもっつもっつもっつもっつもっつもっつもっつもっつもっけるど、なしてか何どなぐ納得してすまう。

「そしたきやものかな?」

この東京の街だば、自分サも出来るごどがあるんだばねか。
都会のやませサあてられて、なんがサ期待をしてすまう。

だがら、今日がら、恋を始めてみしう。
青春は、今しか咲かねんだがら――。



記事検索
タグ絞り込み検索